杜の都産業保険会
お電話のでお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら

法人案内

ごあいさつ

当会は昭和30年9月東北寄生虫予防協会設立に端を発し、昭和46年6月には宮城労働基準局(現宮城労働局)から財団法人宮城県労働衛生医学協会として認可され、宮城県内の企業に働く労働者の健康を確保するとともに快適な作業環境促進のための事業を行って参りました。平成19年3月には東北地区に本拠地を置く健診機関として初めて厚生労働大臣認可機関となり、現在の一般財団法人杜の都産業保健会として、広く県内外の事業所で働く人々の健康増進に寄与する事業を推進して参りました。

一般財団法人 杜の都産業保健会理事長

実際には職場に直接赴いて行う巡回健診や職場の環境測定、あるいは宮城野区小鶴にある施設本部において行う施設健診などを行って参りましたが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により小鶴の健診施設も大きな打撃を受けました。バスによる巡回健診は従来通り可能でしたが、事務棟のひとつが全壊したため施設における精密検査や人間ドック健診などができなくなるという事態に陥りました。

なじみの深い旧地での施設健診棟再建も考えましたが、交通の便の良い地での再開を模索しておりましたところ、幸い一番町三越向かいのTICビル5階をお借りすることができ、平成23年10月に杜の都産業保健会一番町健診クリニック開院の運びとなりました。一番町健診クリニックでは新たに大腸内視鏡検査を始めるなど、検査項目を充実させ、また、平成27年6月には同4階にレディースフロアをオープンし、一層快適に施設健診を受けて頂く事が可能になりました。一番町健診クリニックは、男女階層別健診のほか、1.5テスラの最新MRIによる脳ドック健診、あるいは最新CT装置による低線量被ばく肺がん検診やCT大腸内視鏡検査など幅広く健康診断を提供させていただいております。

また、巡回健診バスも一般財団法人日本宝くじ協会や公益財団法人JKA樣からのご支援もいただき、平成25年から6年間で胃X線検診車2台、胸部X線検診車2台、循環器検診車1台の計5台を更新し、計20数台の健診バスを利用して新たな気持ちで巡回健診に取り組んでおります。

杜の都産業保健会は、精度の高い信頼していただける健診を行い、何より大切な皆様の健康をお守りします。皆様の職場に出向いてのバス巡回健診や一番町健診クリニックにおいて落ち着いた環境での健診を受けていただくことにより、病気の予防および早期発見に努め、また万が一病気が発見されました際には適切な医療機関へ紹介するなど、治療のお手伝いをさせていただきます。巡回健診ならびに一番町健診クリニックへの受診を心よりお待ち申しあげております。どうぞ、お気軽に当会予約センターにお電話をください。

一般財団法人 杜の都産業保健会理事長
山田章吾

事業分野の紹介

総合的労働衛生機関として、健康保持増進サービス作業環境測定を提供

会理念

会理念

会基本方針

会基本方針

沿革

昭和30年
「東北寄生虫予防協会」設立
「財団法人宮城県寄生虫予防協会」改称(宮城県知事許可)
昭和46年6月1日
「財団法人宮城県労働衛生医学協会」設立許可
(宮城労働基準局長(現・宮城労働局長)許可)
既設「財団法人宮城県寄生虫予防協会」と併存
昭和48年
政府管掌健康保険被保険者の予防健診開始
昭和50年
「財団法人宮城県寄生虫予防協会」を解散し、
「財団法人宮城県労働衛生医学協会」に吸収合併
昭和57年2月3日
附属仙台健診センター開設許可 (宮城県)指令11090号
昭和63年5月
作業環境測定機関登録、宮城労働局長 登録番号4-9 人間ドック開始
平成元年11月
中央労働災害防止協会「労働者健康保持増進サービス機関」登録
登録番号 第1-026号
平成4年
本部棟新築
平成6年
附属仙台健診センター増改修工事実施
平成18年12月18日
主務官庁移管(宮城労働局から厚生労働省へ)
平成19年3月12日
寄附行為変更(現名称:杜の都産業保健会へ変更)
厚生労働大臣許可
平成24年4月1日
一般財団法人へ移行 内閣総理大臣認可

PAGE TOP

  • 杜の都産業保険会機関誌
  • 採用情報
  • 5分でできる職場のストレスチェック
杜の都産業保健会

〒983-0031 仙台市宮城野区小鶴1丁目21-8
TEL:022-251-7261/FAX:022-251-7291